ニットプロの付け替え輪針でマジックループがやりにくい問題が解決しました

お役立ち

この記事は2022年4月23日に公開した記事をリライトしました。

過去の記事で「ニットプロの付け替え輪針だとマジックループがやりにくい」と言ってから、原点回帰して4本針で袖などの小さい輪編みをしていました。

ニットプロの付け替え輪針でマジックループがやりにくい理由は、ケーブルが硬いせいです。

だったら柔らかいケーブルがあればいいわけですよね。

あったんですよ。

その柔らかいケーブルを使えば、難なくマジックループで編むことができました。

今回はマジックループにも使えるニットプロの付け替えケーブルのレビューです。

ニットプロの付け替え輪針ではマジックループがやりにくい件についての全文はこちらをどうぞ。

マジックループもできるニットプロの付け替えケーブルはこれだ!

わたしはクロバーの匠の付け替え輪針とニットプロのシンフォニーウッドの付け替え輪針を持っています。

それぞれのお気に入りポイントと、残念ポイントは以下のとおり。

クロバー匠
ケーブルは柔らかくマジックループ自体はやりやすいが針先が丸くて編みにくい
ニットプロシンフォニーウッド
針はとがり具合が丁度良く編みやすいがケーブルが固くてマジックループがやりにくい

針自体はニットプロのシンフォニーウッドの方が編みやすいので、小さい輪編みをするときはシンフォニーウッドの5本針を使用していました。

でもそれはもう過去の話。

マジックループがやりやすい付け替えケーブル

わたしが持っていた付け替えケーブルは紫色なのですが、「色によって固さが違う」というどこかでの商品レビューを思い出し、そのレビューを参考に買ったのがピンクのケーブルです。

ピンクのケーブルには2cmごとに印がついています。

右:ピンクのケーブル/左:紫のケーブル
※ピンクのケーブルも紫のケーブルも100cm用のケーブルですが、ピンクの方が3cm短いです。

画像では分かりにくいですが、紫のケーブルとピンクのケーブルの柔らかさを比較すると、確かにピンクのケーブルの方は柔らかいです。

「これは期待できるぞ!」となり、試しにマジックループで使ってみました。

「編める。編めるぞ。(ムスカさん状態)」

ということで、ニットプロの付け替え輪針でも難なくマジックループができるようになりました。

まとめるとこのようになります。

マジックループがやりやすいニットプロの付け替えケーブル
・ピンクのケーブル

マジックループがやりにくい付け替えケーブル

さて、当記事を公開した2022年4月23日時点では、付け替えケーブルのカラーは紫とピンクのレビューのみでしたが今回黒の120cmケーブルを購入しました。

ケーブルの硬さはマジックループがやりにくかった紫と同じで、マジックループはやりにくいです。

ということでまとめるとこうなります。

マジックループがやりにくいニットプロの付け替えケーブル
・紫のケーブル
・黒のケーブル

ただマジックループのやりやすさ・やりにくさは、同じ硬さのケーブルでも糸の太さや捻の強さ、編む人の癖によって違うかもしれないですね。

ですが、硬いケーブルよりは柔らかいケーブルの方がマジックループがやりやすいと思います。

よってまとめるとこのようになります。

ニットのプロの付け替え輪針でマジックループをやるなら、紫と黒以外のケーブルを使うこと。
※ピンクは確実ですが他の色は調べるか自分で経験しましょう。

道具の選択肢は多い方が良い

編み物仲間の間で「マジックループ派?4本針派?」という話題があったのですが、みなさんはどうでしょうか。

以前はなるべく道具を少なくしたいという思いがあったので、汎用性を求めて「ニットプロの付け替え輪針を揃えたら、4本針なんて要らないなぁ。」ということで、わたしはマジックループ派でした。

しかしマジックループがやりにくい問題から4本針も見直すようになり、結果として小さい輪編みをするときの選択肢が、マジックループと4本針の2つ増えました。

選択肢が増えるというはことは、シーンによってふさわしい道具を使うことができるということです。

たとえば帽子を編んでいて、途中まではマジックループでいいんだけど、一番最後は4本針の方がやりやすいなんてこともあります。

編みやすさ、仕上がりの良さを求めて「同じ役割の別の道具」を揃えていくというのも、ひとつの楽しみ方ですね。

タイトルとURLをコピーしました