これって良いの? ニッターとしてやっても良いこと・悪いこと

お役立ち

以前から個人的に気になっていることがあります。
それは「編んだものを販売しても良いのか」。ということ。

編み物をしない友人に「こんなに可愛いんだから売れるよ!」と褒めてもらえますが、それはしてはいけないことです。

今回はこの『してはいけないこと』がなんなのかを考えてみます。

デザイナーはデザインをして生活している

ニットに限らず世の中にはたくさんのデザイナーがいます。

実は私も広告業界でデザイナーでした。

だからこそ言いたいのです。
デザイナーの収入を減らすことはしてはいけいない。」と。

つまり著作権とか知的財産権を守ろうという話ですが、私には法律は難しいのでよくわかりません。

ですがやってはいけないことは経験として知っている部分はありますので、身の回りで見たり聞いたりした、よくあるNG例とOK例を挙げていきます。

編み物の本の作品を編んで売る

これはNGです。

ここ数年ハンドメイドが流行してアプリや専門サイトで、自分で作った制作物が誰でも簡単に販売ができるようになりました。

そこで私も持っている有名なデザイナーさんの本に掲載されているセーターが販売されているのを見つけました。

おそらく販売している人は本に掲載されている作品を販売したらいけないことを知らないのだと思いますが、しっかりと本の最終ページに書いてあります。

本書で紹介した作品の全部または一部を商品化、複製頒布、及びコンクールなどの応募作品として出品することは禁じられいます。

販売というのは上記の商品化にあたります。
訴えられたら民事上のペナルティも刑事上のペナルティも科せられるかもしれません。

誰かのデザインの編み図を販売・配布

これもNG

先日海外にも名が知られたデザイナーさんのワークショップに参加したとき、デザイナーさん本人が無断転載されたと言っていました。

無断転載というのは簡単に言うと、デザイナーさんの編み図を本やショップなどの正規のルートで入手した後に、別の人に配布することです。もちろんお金を取っても取らなくてもやっていけません。

このデザイナーさんの本にもしっかり書いてあります。

本書のコピー、スキャン、デジタル化等の無断複製は著作権法上での例外を除き、禁じられています。

本書を代行業者等の第三者に依頼してスキャンやデジタル化することは、たとえ個人や家庭内での利用でも著作権法違反になります。

コピーについてもっと突っ込んで考えてみる

編み図のコピーを取りたい場面はよくあると思います。

しかし上記のとおり『本書のコピー、スキャン〜略〜禁じられています。』とあります。
ならばコピーをとること自体がNGなのか?という疑問がわきました。

さらに、『著作権法上での例外を除き…』

例外って何!?

例外についてはここでは調べません。
(どなたかご存知であれば教えてください。)

さて、コピーを取っても良いかどうか。ですがこれは個人用ならOKだと思います

コピーに関してNGになるかどうかは、『〜代行業者等の第三者に依頼して〜』という文言がポイントです。
この『代行業者等の第三者』とは本書を正規のルートで入手していない人です。

例えば、私が業者に印刷を依頼すると編み図を含めた本の内容が業者に漏れることになります。
仮にその業者が悪い人だったとしたら、私以外の人に印刷したものを配布したり販売すことができてしまいますので、このような事態にならないようにするための注意書きだと思います。

これは先日のワークショップでデザイナーさんや他の参加者のみなさんで話した結果こう解釈しました。

すると自宅で自分のためにするコピーは問題ないということですね。
実際私も本に直接書き込みはしたくないので編み図のコピーを取って書き込みをしていますし、デザイナーさんもそれを見ていて何も言わないので、きっとそういうことです。

SNSで買った本の画像を投稿する

これはNGですが、黙認されているのが現状です。

出版社の許可により本の表紙はOKの場合もありますが、中身はNGです。

↓こちらの記事でも少し触れました。

2019年10月に読んだ編み物の本
すっかり涼しくなって編み物に最適な季節になりました。 今シーズンは自分の中で成長したい気持ちが芽生えて、誰かのパターンをそのまま編むのではなく「こうしたい」ができるようになろうと思いました。

公衆送信権侵害』ということらしいです。

初めて聞きました。

出版社(または著者)の許可が取れていればOKということですが、世にあるたくさんのブログやSNSで「この本買いました!」という表紙の画像付きの投稿を見かけますが、みんなが出版社の許可を得ているとは思えません。

無許可でインターネット上に本の画像を載せることはやっていけないことだと知らない人は多いでしょう。

出版社側が本の画像が無許可でインターネット上で公開されている現状を把握しているかどうかは不明ですが、おそらく黙認しているのだと思います。
黙認しているのは不利益になるわけではないからかと。

私自身が出版関係の会社に務めたこともありますが現状は黙認です。

しかし訴えられないとも限らないので気をつけましょう。

どこまでやって良いのか確認する

  • 編み物の本の作品を編んで売る
  • 編み図を販売・配布する
  • 本の画像をインターネットで公開する

こちらについてはNGとなりますが、販売・公開元が許可している場合もあります。

そういう場合は『パターンを売るのはNGですが、配布するのはOKです。』というような注意事項が書いてありますので確認しましょう。

デザイナーを守るために

デザイナーがデザイナーとして収入を得られるようになるまでにたくさんの投資をしています。

制作物を作るための材料や道具の費用だけではなく、勉強をしてきた時間やデザインの糧にするためにたくさんの経験を積んでいます。
デザイナーがいいデザインができるようになるまでにかけてきたのは、お金や時間だけではないのです。たくさんの苦労をしてきています。

デザイナーは楽しいイメージが強いかも知れません。
実際デザインで悩むことは楽しいです。でも、ラクではないのです。
デザインが仕事になると特に大変です。

納期や素材の縛り、さらに人間関係。
こういう要素が加わると、好きなことを仕事にしているとは言え辛いことだってあります。

たくさんの投資や苦労の上で出来上がったデザインが、タダで世界中に出回ったらどうでしょうか。お金にならなくなったらどうでしょうか。

「もうデザインしてもお金にならない。生活できない。デザインやめよう。」となってしまうかも知れません。
大好きなデザイナーがデザインをしなくなったら寂しいですよね。

そうならないように、法律を調べたり難しく考えるよりも、少しでもデザイナーのことを思って「今から自分がすることはデザイナーの不利益にならないだろうか」と考えてみましょう。

簡単にインターネットで世界中に情報を発信することができ、制作物を販売することができる便利な時代だからこそ、やっても良いこと・悪いことを日頃から意識するのが大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました